HOME > VISSEのおはなし > アーカイブ > 2012年8月アーカイブ

VISSEのおはなし 2012年8月アーカイブ

ブルームーン

今日は、ブルームーンの日です。

ひと月に満月が2回ある月の、2回目の満月をブルームンと言い、ブルームーンを見ると幸せになるという素敵な言い伝えもあるそうです。

ブルームーン2.JPGちなみに、ブルームン というカクテルがあり、そのカクテルにはドライジンが使われます。

ご存知のように、ジンの香りづけに使われるのは、ジュニパーベリーです。

ジュニパーベリーは、スーパーマーケットの胡椒などのスパイスコーナーに行くと、黒く丸々とした球果が売られていますから、一度買ってみると良いですね。もちろん、メディカルハーブとしても販売されていますから、スクールで購入することもできます。

手に取って大きさや色、球果を割った時の中の様子や香りを観察すると楽しいですよ。

その球果は、お肉やソースの香りづけにつかられます。ほんのり甘く、渋くウッディな味と香りがする、日本人にはあまりなじみのないハーブですね。

また、体がむくんだときには、1粒か2粒位をハーブティに入れて飲むと、むくみが取れてすっきりします。(作用が強いので、腎疾患のある方や妊娠中の方は控えてくださいね)

 clover

日がすっかり暮れた頃、公園の大きなクスノキの下にたたずみながら、海の上に浮かぶブルームーンを眺めていると、クスノキの優しく甘い香りが、穏やかに体を包みます。

ブルームーン.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

(クスノキには、樟脳がとれるものやホーリーフという精油をとるものがあります)


表情のお話し

winkconfidentpoutlovelycrying

今日は、表情筋のお話しをほんの少ししますね。

表情筋という筋肉は、頭蓋骨から起こり(例外もあります)皮膚に停止する薄い筋のことを言います。

骨格筋とは違い、薄くてしかも皮膚に停止しているので、残念ながらたるみやすいという特徴があります。

支配神経は、第7脳神経である顔面神経です。

 

表情筋は眼・耳・鼻・口などの開口部の開閉のために発達したものですが、摂食・発語・感情表現に重要な役割を果たします。

表情筋は一つの筋肉ではなく、眼輪筋、大頬骨筋、笑筋、口角下制筋など多くの筋肉から構成され、それらが複雑に収縮したり弛緩することによって、喜怒哀楽の表情を作っています。

まさに、感情を表にあらわしてくれる筋肉です。自分の感情が表情に出てしまうということですね。

(ちなみに、表情を作るから表情筋と言います)

 

嬉しいときには嬉しい顔、悲しいときには悲しい顔。

顔で笑って心が泣いているときは・・・・・泣き笑いの顔。

いつも怒っている人は、眉間に深い皺も刻まれますね。

喜怒哀楽いろんな感情を経験することは、魂を磨くために必要な経験だと思っていますが。

できれば、自分自身のためにも多くの時間を素敵なプラスの表情で過ごしたいですし、人様にも良い表情で接していきたいものです。

そして、年を重ねた時には人間味あふれる魅力的なしわを刻みたいなと思っています。

 

自分の顔を鏡で見て、どんな表情をしていると感じますか。怒っていますか?楽しそうですか?

家族の表情を見て、どう感じますか。悲しそうですか?ウキウキしていますか?

表情を観察すると、自分や家族や大事な人の心が感じられると思います。

 

心が平穏であれば、それが続きますように。

悲しみがあれば、それを癒して明日をみる勇気が持てるように。

愛にあふれていれば、それを多くの人とわかちあえるように。

 

心地よい素敵な香りで、みなさまの笑顔がひとつでも増えますように。

さあ今日も、ご自分の好きな香りをさがしましょう。素敵な香りを作りましょう。

 

「それ、くれるの~?」・・・・欲しくてたまらない!でも、僕、見ちゃいけないような気がする・・・・の顔heart04

031 (2).JPG


ラベンダー畑

残暑お見舞い申し上げます。

朝夕に吹く風には秋の気配を感じて少しほっとしますが、昼間の太陽の日差しにはまだまだ焼けるように強いエネルギーを感じます

夏の雲.JPG

 

 

 

 

こちらは、8月上旬に玉原ラベンダーパークを訪れた時のラベンダー「こいむらさき」の畑の様子です。

おかむらさき2.JPG


夏用フレグランス

グレープフルーツ

ベルガモット

マンダリン

ラベンダーハイアルティテュード

レモングラス

ローズオットー

ミルラ 

夏用フレグランスを作りましたclover

自分の汗や体臭と相性の良い香りをさがして、精油の香りをほんのりまとうと、汗臭いかもしれない!と思うストレスから、ほんの少しだけ解放されます。

 

budレモングラスをほんの少し入れることで、グリーン感のあるレモンの香りを楽しむことができ、夏のフレグランスにお勧めです。

みなさんは、この夏、どんな香りをまといますか?heart


「グレープフルーツにお砂糖」の香り

みなさんは、グレープフルーツを食べるのはお好きですか?

私は、果物の酸味がちょっと苦手ですthink

特にグレープフルーツを口に入れると、唾液がじゅわ~~っとでて、顔のパーツは中心に寄ってしまいます・・・・・酸っぱい顔っていうことですねbearing

でも、お部屋に置いておくだけで香る、新鮮なグレープフルーツの芳香や、もちろんグレープフルーツ精油の香りも大好きです。

このように、普通は「グレープフルーツの香り」というと、果皮の香りを想像しますね。

 

先日のインストラクタークラスの中で、生徒さんが面白い発見をしましたので、みなさんにもおすそ分けしますね。

一昔前は、「グレープフルーツを輪切りにして、白砂糖を乗せてスプーンで食べる」。そんな食べ方をしていませんでしたか?

サンダルウッドとオレンジ・スイートの精油をムエットにつけて嗅いだところ、その「グレープフルーツを輪切りにして白砂糖を乗せた」香りになったのです。

グレープフルーツの酸味と甘み、そこに白いふわふわの部分(何というのでしょうか?)の渋みのあるウッディな香り、これらの香りをイメージすることができました。

また面白いことに、グレープフルーツとサンダルウッドのブレンドでは、そのイメージにならなかったのです。グレープフルーツでは、甘みが足りないのです。

実はこれ、どのメーカーでもこのイメージを作れるわけではないんですね。

マテリアアロマティカの、現在手元にあるロットの精油をブレンドしたらこうなった、という感じです。

 

みなさんのお手元にある精油を上手にブレンドして、「グレープフルーツを輪切りにして白砂糖を乗せた」香りを再現して楽しんでくださいねnotes

グレープフルーツ.JPG


みなとみらいの日の出

みなとみらいから海を眺めると、鶴見つばさ橋の向こうから朝日が昇ってきますsun

薄明りの中、強烈なエネルギーを抱えて上昇してくる太陽を眺めていると、私たちの生活は太陽なしには成り立たないんだなと、素直な気持ちで太陽に感謝することができます。

 

地球上の生物は、太陽の熱エネルギー無しには生きられない。

でも強いエネルギーばかりを浴びていては、生きていけない。

地球が自転しているから、昼(陽)と夜(陰)が作られて、私たちは陰陽のちょうど良いバランスの中で生きていけるのですね。

宇宙のしくみに感謝したくなる、くもり空の朝日です。

日の出1.JPGのサムネール画像


1

« 2012年7月 | メインページ | アーカイブ | 2012年9月 »

このページのトップへ