HOME > VISSEのおはなし > アーカイブ > 2012年3月アーカイブ

VISSEのおはなし 2012年3月アーカイブ

アロマセラピストの求人案内です

アロマセラピストの求人がございましたので、ご紹介いたします。

リラクゼーションマッサージ「ほぐします」

http://hogushimasu.toypark.in/index.html

求人ページ

http://hogushimasu.toypark.in/kyuujin.html

興味のある方は、ご自身の責任において、お問い合わせと応募をなさってくださいnote

 


「呼吸を変えるだけで若返り!香りと呼吸」講演のご案内

new

「VISSE生徒さん」「一般の方」ともに、ご参加いただけます

昭和大学医学部教授 本間先生の講演です。 

【講演名】 「呼吸を変えるだけで若返り!香りと呼吸」

【日  時】2012年4月8日(日) 13:30~15:30 ※受付13:10~

【受講料】VISSE生徒様4,300円(税込)・一般4,500円(税込)

【お申し込み方法】

1.メール申し込み:「呼吸を変えるだけで若返り!香りと呼吸」講演申し込みと書いて、T.E.N.アロマアソシエーションさまinquiry@tenaroma.com へ申し込みをしてください。

2.メール申し込みの際に、「VISSE生徒」または「一般(VISSEのHPをみた)」とお書きください。

3.受講料のお支払い:VISSE生徒さま\4,300、一般の方¥4,500を下記へお振込みください。

  三井住友銀行 成城支店 普通3550054 (ユ)ティーイーエヌ

さまざまなTVにご出演(「たけしの家庭の医学」「あさイチ」「ためしてガッテン」等)されている、呼吸の権威・本間生夫先生による講演です。 

本間先生の貴重なお話をうかがえ、呼吸筋ストレッチ法の体験等も出来ますsign03

呼吸筋ストレッチで若返りましょうheart

【会場】TKPスター貸会議 日本橋(東京都中央区日本橋1-8-3)
     東西線「日本橋」徒歩4分、半蔵門線・銀座線「三越前」徒歩3分、各線「東京駅」徒歩6分

【主催】T.E.N.アロマアソシエーション
【共催】アロマテラピースクールVISSE・ベリーナチュラルセラピースクール

※定員は66名様になりますので、お早目にお申込下さい。

今回、T.E.N.アロマアソシエーションの西村先生のお声かけで実現した、素敵なタイアップ講演です。

貴重で有意義な時間になることは間違いありませんので、私も今から楽しみにしています。

皆様のご参加を、心よりお待ちしておりますheart02

 ←詳しくはこちらのパンフレットをご覧下さい。クリックするとPDFファイルでご覧いただけます。


バッチ講座開催します♪

newみなさま、大変お待たせいたしました。

バッチフラワーレメディの講座開催が決まりました。

【バッチフラワーレメディ1日講座】

http://www.aroma-visse.com/classinfo/2012/03/entry_443/

【バッチフラワーレメディ PTTコース】

http://www.aroma-visse.com/classinfo/2012/03/entry_408/

 

日常の中で感じるマイナスの感情って、じつはたくさんあるのですよね。

たとえばclover

今日はなんだかイライラするわ

毎日頑張っているのに、人生の方向性が分からなくなっちゃった

友人のお祝いごとを心から祝ってあげられない

言葉に言いあらすことができない不安が湧いてくる

歯医者さんに行くのが怖い

子供や主人が自分の思い通りにならなくて困っちゃう

なんとなく会社に行きたくないなぁ

・・・・こんな、人に相談するほどでもないけど、でも手放してしまいたい感情というのは、誰にでもあるものです。

これらのマイナスの感情を癒して手放すために、バッチフラワーレメディは優しく手助けしてくれます。

 

野生植物の持つ癒しの力でマイナスの感情を癒すバッチフラワーレメディを、体験したり学んでみませんかshine

 


弾む言葉♪

生徒さんからいただいたメールの言葉の中に、素敵な言葉がありましたので、ご紹介しますね。

 

heart04「息吹の季節、待ち遠しいです。春の足音も・・・・ほら、聞こえてきたよ」

 

DMのお返事をいただいたメールの中に、こんな弾むような言葉が書かれていて、そのメールを読んだ私は言葉につられてウキウキしました。

VISSEの生徒さんたちは優しく穏やかな言葉を使う方が多くて、メールやお手紙を読むたびに癒されています。

話し言葉の印象や、書く文字にも、人を癒す力がありますねwink

Image414.jpg


寒邪って?

とても寒い毎日が続いていますねsnow

せっかく春のような陽気につられて緩んだ体が、この寒さに合わせて、ぎゅーーっと縮んでしまいます。

 

さて、東洋医学のお話しを、ちょっとしますね。

東洋医学では、病気を起こす原因となる自然界の気候を「風、暑、火、湿、燥、寒」の6つに分類しています。

人の外側にある「病気の原因」だから、外因とも言います。

少々の暑さ寒さだったら、自分の体力でエイヤーーッ!と跳ねのけることができますけど、これらの暑さ寒さや乾燥などが、あまりに強いと病気を引き起こすとされています。

「風、暑、火、湿、燥、寒」があまりにも強くて、病気を引き起こすもの原因になってしまうと、外因という言葉から外邪という呼び方に変わります。

 

たとえば、今日の様に真冬の寒さを感じる日は、「寒」が体の中に入って病気の原因になることがあるのですよ、ということなんですね。

「寒」が体に入って病気になったら、「寒邪」にやられた!となるわけです。

そして、寒邪が原因で起こる症状としては、体の痛み、頭痛、悪寒、発熱、下痢などがあります。

冷えた後に、風邪をひいて発熱することがありますから、なんとなく想像がつきますね。

 

さて、寒邪に乗っ取られないためには、どうしたらよいかというと。

冷えを自覚している方は

1.体を温める食べ物(根菜類、生姜、温かい食事や飲み物)をとる

2.質の良い睡眠をとる

3.体を動かして血行を良くする

4.ストレスを発散する

5.入浴をする

6.温湿布をする

7.体をさする

このような事を実践してみてくださいnote

もちろん、冷えに良い精油もたくさんありますね。

ローズマリーシネオール、スイートマジョラム、カモミールローマン、オレンジスイート、レモン、グレープフルーツ、ジンジャー、ブラックペッパー、ベチバー、レモングラス、ジュニパーベリー・・・・ざっと挙げただけでもこれだけの精油が思い浮かびます。

ホリスティックなアロマセラピーを実践して、寒さを上手に乗り切りましょうshine

水仙.JPGのサムネール画像


1

« 2012年2月 | メインページ | アーカイブ | 2012年4月 »

このページのトップへ