HOME > VISSEのおはなし > アーカイブ > 2010年9月アーカイブ

VISSEのおはなし 2010年9月アーカイブ

ネロリとメリッサのハンドトリートメント

本日は、インストラクタークラスの振り替え授業がありまして、ハンドトリートメントの実習を行いました。

せっかくだから、好きな精油を使いましょうということで、生徒さんが選んだ精油が、ネロリとメリッサでしたbud

ホホバオイル+ネロリ+メリッサのブレンドの、心の芯までとろけるような芳醇な香りに、生徒さんと一緒に「うわ~!ぅわ~♪いいね~sign01」と、ひとしきり感嘆符付きの声をあげてしまいました。

香りの感じ方と表現方法にはいろいろありますが、こんな単純な感じ方と喜び方が、実は心身のストレスケアにとても良いことだったりするのです。

また、感嘆符がたくさんつくような「快」を刺激する香りを感じることと、優しい手のぬくもりと気遣いを感じることの相乗効果が、自分を大切にすることにもつながります。

もちろん、血行とリンパの流れを良くすることで老廃物の排出を促したり、細胞の働きを高めて新陳代謝を良くしたり、筋肉を緩めるという働きも期待できます。

ごく簡単なハンドトリートメントを行うだけでも、「はあ~、気持ち良かった♪」という、またまた感嘆の声がもれてしまいます。

ハンドトリートメントは、実は奥が深いのですnote


淡いピンク色のハーブティ

現在通っている、医療系専門学校の前期期末試験が明日からはじまりますpencil

勉強量が多くて本当に大変だな~と、自分自身に叱咤激励しながら、試験勉強にはげんではいますが。

新しい情報を頭に入れると、古い情報がトコロテン方式で出ていってしまいます。

 

気持ちが焦って仕方がないときには、薬理作用も味も香りも色もリラックスできる、ハーブティにお世話になるのが良いようですclover

 

リンデン、ラベンダー、ハイビスカス、ローズヒップのブレンドハーブティの、淡~いピンク色に癒されますbud


リンデンのコンディショナー

どうやら9月も「8月だと思って下さい」というくらいの暑さが続くようですね。

まずは、水分、栄養素、睡眠をしっかりとって、体の土台作りを怠らなようにしましょうねsign01

気温が高い時はもちろんクーラーで室温を下げることも必要ですが、扇風機やうちわ、扇子などの小物を利用して風をおこすのも良いですねnote

体で感じる「体感温度」というものがあり、気温が下がる、風を感じる、湿度が低い、という条件が重なると、実際の気温よりかなり涼しく感じることができます。

 

さて、暑い時にはオリエンタルな香りを取り入れるのも良いものですtulip

朝のシャンプータイムの仕上げのコンディショナーに、ジャスミンAbs.、リンデン、オレンジスイート、ローズウッドのブレンドはいかがでしょう。

甘く優しいリンデンが、心を穏やかにしてくれますshine


ルームフレッシュナー

ベーシッククラスがスタートしましたnotes

1回目なので緊張感も漂いつつ、でもすぐ穏やかな空気が流れた授業でした。

授業の最後に行う、実習はルームフレッシュナーです。

目的も、ブレンドも、濃度も様々ですが、マテリアアロマティカとプラナロムのオーガニック精油を使用しているので、どんなレシピにしても間違いのない香りになります。

ご自分で考えたレシピあり、ご主人のためにレシピの変更もあり、どれもいい香りですsign03 

 

1.イランイランエクストラ、パルマローザ、サンダルウッド

2.ゼラニウム、パルマローザ、ラベンダーハイアルティテュード

3.ゼラニウムブルボン、オレンジスイート

4.ティートリー、ペパーミント、レモン

 

リビング、トイレ、玄関、職場、寝室など、どこでも利用できますclover

リラックス、リフレッシュ、消臭、浄化など、薬理作用も期待できますclover

使用後の感想を聞かせていただくのが、楽しみです。

 


おやつは巨峰シャーベット

005.JPGのサムネール画像

冷凍した巨峰と、ヨーグルト、蜂蜜でつくった、今日のおやつですshine

残暑に負けずに育っている庭のレモンバームをトッピングclover


まだ夏の雲

もうそろそろ、薄い秋の雲が出ているのかしらとシャッターを空に向けてみましたが、盛夏の入道雲のような雲が、青空にそびえたっています。(スクールの窓から見た景色です)

001 (2).JPGのサムネール画像

 

 

 

 

暑さとは、もうしばらく上手にお付き合いしなければいけないようですねsun


1

« 2010年8月 | メインページ | アーカイブ | 2010年10月 »

このページのトップへ